車にキズがある場合は直して査定を受けた方が良い?

車はどれだけ大切に乗っていても、不慮の事故で外層が損なわれることがあります。例えば走行中に石が飛んで来て塗装が削れるということは珍しくありませんし、またイタズラでボディが壊されるということもあります。

そうしたものが車買取の査定にどういった影響を与えるのかというと、やはり価値が下がります。外装部分の美しさが損なわれているのであればそれだけ購入希望者は少なくなりますし、そうなってしまうのであれば安く売るようにしなくてはいつまでも売れません。

安く売るしかないのであれば買取額も引き下げるしかないのですから、これは仕方のないことなのです。

さて、では査定を受ける前に前にキズは修理をした方が良いのかというと、これは少々考えた方が良いでしょう。

それが自分だけで修理できるようなものなのであれば修理をした方が良いのは確かですが、板金修理など工場でなくては修理ができないのであれば、しない方が無難です。

現在の車買取業者の多くは修理工場と提携することで安く修理ができるようになっていますから修理に必要なコストが少なくなっており、これまでほど価格はダウンしません。

3万円ダウンしたといっても修理に5万円かけていたのであれば最終的には自分が2万円の損になります。どうしても気になるのであればまず業者に見せ、キズを修理したらいくらで買い取ってくれるかということを聞いてみるようにしましょう。